ユンボをレンタルする前のポイント

ユンボ

ユンボをレンタルする前のポイント

土木業で運転される機会が多いイメージのユンボですが、免許があれば、一般の方でもレンタルして操作することが可能です。
また、重機の購入よりもリースサービスを利用する企業も少なくはありません。
大型で最新式、さらに維持費も含めると莫大な投資が必要ともなり、リース・レンタルなどを賢く利用している傾向です。
ユンボを借りる際、リーズナブルな価格の判断が付けられるのが操縦席で、キャノピとよばれる屋根の有無、箱型ではなくむき出しとなる形は、気象条件によって運転に難が生じやすく、比較的、安価に借りることができます。
また、金属やゴム製の足まわりがユンボの特徴ですが、運搬車によって作業場所に運ぶ必要があり、運搬料金が発生することもあります。
専用車やドライバー、燃料費などの料金が発生するケースが一般的です。
一方、ホイール式ユンボは、公道の走行も可能ですが、その重量によっては、特殊運転免許を必要とします。
その他、重機と一口にいっても、クレーン装置付きならば、車両系建設機械の資格であったり、クレーン運転士の免許も必要です。

多種多様な重機をラインナップしている業者ならば、用途別に使い分けができますが、それなりの料金や資格の有無などが必要となることも知っておきたい内容です。
操作内容も選ぶ上でポイントになり、例えば、クローラーの操作も、足元のペダルで操作したり、バケット以外の装備によっては、操作レバーやペダルの追加がされているメーカー品もあり、多機能重機の選び方は、操作することまで加味することが大切です。
また、レンタル業者によっては、標準アームのみを提供するケースもあれば、ロングや伸縮アームなどに応えるケースに分かれています。
もちろん、アームの先端のアタッチメントも同様で、変換が可能で、掘削や粉砕などの作業内容に合わせて選ぶのか、最初から付属された状態で借りることができるのか、見積もりを出してもらうことは特に大事です。