ユンボをレンタルする際の免許について

ユンボ

ユンボをレンタルする際の免許について

ユンボは特殊な車両であり、限られた期間のみ使うのであれば購入よりもレンタルをと考えるのは当然のことではないでしょうか。
初期費用が不要となり、維持費や保管スペースで仇を悩ませる必要もなくなるなど、短期間使うだけならば借りる方がメリットが多いことは確かです。
その際に頭に置いておかなくてはならないのが免許の有無です。
私有地で使用する場合には資格は必要ありませんが、建設現場で車両系建設の機械を操作する場合は話は別です。
車両系建設機械の技能講習を受講し、修了証を所持している人に限られます。
それのみではなく修了証を携帯しておかなければ使用することは出来ません。
無資格や不携帯でもバレないからと、作業をしてしまった際に万が一事故が発生した時は労災を認定して貰えないので気をつけましょう。
それだけではなく無資格や不携帯で使用されたとなった時には会社側も処罰されるこもになるので、車両系建設機械の使用が必要であれば資格を取得させるようにしなくてはなりません。

私有地で個人的に使用する際には公共工事とは違うので、資格を習得しなくても問題はなく、指摘を受けても処罰の対象にはなりません。
しきさ万が一事故が発生した時は、自分で全ての対応をする事になってしまいます。
ユンボは建設リース会社でレンタルもすることができますが、借りる時には資格証の掲示が求めらるケースが大半であり、資格証を所持していないと当然のことですが貸し出しは拒否されるので、貸してもらうことはできません。
個人的に私有地で使用するからと言っても、資格証を所持して居ない人には貸し出しは行わないのが規則となっているからです。
資格を所持していない人が事故を起こした時には、貸し出した側も処罰の対象になるので当然のことではないでしょうか。
借りた人は資格を持っていても、使う人が資格を持っていなくて事故を起こしてしまうという時にも、様々なトラブルに発展することになるので気をつけましょう。